ミニマリスト

【ミニマリストと寝具】キルトケットに無印の掛け布団カバーをつけて暖かさアップ!

肌寒くなってくると冬用の布団の準備をしないとな~って思いますが、この「冬用の布団の準備」って面倒くさいですよね。

布団からシーツ(敷パッド)から、いろんなものを交換したり、寒いからもう一枚…なんて布団を追加したり…。

これが面倒くさくてわたしは寝具を自分が暮らしやすいように厳選しました。

【ミニマリストの寝具】掛け布団はキルトケットと毛布だけ!2枚の敷きパッドと計4点で1年快適 今回はそんな疑問にお答えしてしていきます! 寝具は種類が多くてどんなものを選べばいいのか迷ってしまいますよね。 そん...
りんご
りんご
詳細はこちらの記事をご覧くださいね~!

一応、寝具によるストレスはかなり減らせたと思うんですが、冬場に少しだけ気になったことがありまして。

そう、ちょっと寒かったかな~?って。

でも、いま以上に掛け布団を増やしたくありませんし、暖かいけど重い布団は嫌だし、羽毛布団は苦手だし。どうしたもんかと思ってました。

でも、もうちょっと冬場は暖かさが欲しいな…。と思って、何かいいアイディアはないか考えた結果、キルトケット(夏掛け布団)に掛け布団カバーを付けることにしました。

これが結構いい感じだったので、わたしが大好きなキルトケットと新たに導入した掛け布団カバーについて書いていきます!

掛け布団カバー導入を決めるまでの経緯

ミニマリストを目指しているのであまり無暗にモノは増やしたくないんですが、これは必要なモノだと判断しました。

掛け布団カバーを導入する前のわたしの手持ちの布団類はこんな感じです。

  1. キルトケット
  2. マイクロファイバー毛布
  3. 夏用涼感敷パッド
  4. 冬用フランネル敷パッド
  5. 敷布団

このうち、冬の間は1、2、4、5をメインに使用していたのですが、掛ける布団がキルトケットと毛布だけだとちょっと寒い日があったんです。

そこで冬場に3の夏用敷パッドを掛け布団として使用し、少しでも暖を…!と苦肉の策に出た昨年ですが、やっぱりちょっと見栄えが悪くて(笑)

だけど布団類をこれ以上増やしたくない…という思いからキルトケットに掛け布団カバーを付けようという、まあ割と普通の考えに至りました(今までキルトケットに布団カバーを付けていませんでした…)。

カバーなので薄手ではありますが、キルトケットに付けることで布が2枚増えることになります。

夏用敷パッドを掛けただけでも暖かさが増したので、掛け布団カバーでもまずまず暖かくなるんじゃないかという考えです。

で、掛け布団は何にしようかと思っていたのですが、近頃オーガニックコットンにハマってていまして。

無印良品のオーガニックコットンTシャツを愛用しているんですが、とっても着心地が良くてお気に入りなんです♪

そこで、「寝具(布団カバー)をオーガニックコットンにしたら、最高なんじゃ…?」と思い、無印良品週間に購入してみました。

 

肌触りはサラサラでしっとり、ストレスフリー

こちらが今回導入した掛け布団カバーです。

最初から柔らかな肌触りを楽しめる加工がしてある、洗いざらしタイプ。

うたい文句どおり、コットンならではの滑らかさと柔らかさが心地よいですね。

マイクロファイバーの毛布もふわふわで柔らかくて滑らかで気持ちいいですが、これとはまた違ったサラサラ感、しっとり感と言いましょうか…。

肌に触れていてもストレスがかからず、布団をかけているを忘れてしまいそうな肌触り。

りんご
りんご
やっぱり寝具には適していたな!と感じてます♪

無印のオーガニックコットン布団カバーは無印の公式サイトよりもLOHACO(ロハコ)で購入がお得なのでぜひチェックしてみてください!

 

コットンの特徴・保湿性のお陰で暖かさがかなりアップ!

コットンの特徴として保湿性があることはよく知られていると思います。

けど、掛け布団カバーとして使用するとなるとコットンの布が2枚増えただけ

春や秋はそれでもいいかもしれませんが、冬場はちょっとどうかな…?

と思っていたのですが、実際にキルトケットに掛け布団カバー付けて寝てみると思っていた以上にあたたかくて…!

キルトケットだけだと、なんとなくスースーするというか通気性がよい感じなんですよね。

だから夏場は涼しくて良いですが、冬場は寒く感じるというわけです。

カバーをつけることでその通気性がいい意味で悪くなった感じですかね。

布団の中の暖かい空気をコットンのカバーで閉じ込めているような…。

保湿ってそういうことか~って納得。

りんご
りんご
カバーを付けただけでだいぶ暖かさが違ったので、寝具の温度調整にはおすすめです♪

まとめ|掛け布団を追加するくらいなら布団カバーで十分!

暖かさや寒さの感じ方は人それぞれです。

けど、個人的には寒さ対策のために掛け布団を追加するくらいなら、キルトケットに布団カバーを付けるだけで十分だと感じました。

もしキルトケットをフル活用したいと思っている方がいらっしゃれば、冬場はキルトケット+コットンの掛け布団カバーを使うのがおすすめです♪

わたしは寝具が重たかったり、かさばったり、お手入れが面倒だったりするのがすごく嫌でした。

なので、現在は掛けて使うタイプの布団に関しては

  1. かるい
  2. 薄い(かさばらない)
  3. 自宅の洗濯機でガンガン洗える

という3つの条件を満たしているので、ストレスフリーです♪

今後もモノは最小限にシンプルでより良い生活を目指します!

オーガニックコットン布団カバーはLOHACO(ロハコ)で購入がおすすめ!

無印良品の商品を通販で買いたいときは無印良品公式サイトよりも LOHACO(ロハコ)から購入するのがお得です♪

LOHACOなら…

  • 公式サイトよりも送料無料になる料金が安い3,300円以上で送料無料
  • 3,300円以下の買い物でも送料は220円から(公式は490円から)
  • 無印公式のポイントよりもLOHACOのTポイントの方がより貯まる

\ポイント貯めるなら無印公式よりロハコがお得♪/

 ▲3,300円(税込)以上で送料無料!▲

 

関連記事
ミニマリスト

【ミニマリストと喪服】使用頻度の低い喪服は必要?大人なら持つべきだと思うって話

2019年11月17日
アラサー女子が人生をより楽しむための雑記帳
喪服はそれほど使用頻度の多いものではありません。 けど、モノを最小限にして生活を豊かにするミニマリストとしては、この「使用頻度の低い服 …
ミニマリスト

【2019年秋服|ミニマリスト】夏から秋にかけて活躍している「羽織もの」をまとめてみた

2019年10月23日
アラサー女子が人生をより楽しむための雑記帳
「秋」に着る服ってどんなのがいいんだろう?って結構なやみませんか? 特に近頃は暑かったと思ったら突然寒くなった!ということもあって、秋 …